FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「 Sketchup プラグイン 」カテゴリ記事一覧


あと他にもあります。


ドア作成と面を表にする、プラグイン

Bezier Spline v 1.2


バージョンアップです。 さらに使いやすくなりました。

Ruby スクリプトのインストール

久しぶり、Google SketchUpのサイトを見たら、Ruby スクリプトのページがあったので、すべて

インストールしました。

初心者の方は、Ruby スクリプトが、どのようなものか知るにはいいと、思います。

ProjectSketch

建築資料館のスケッチアップ掲示板でRPS 3D PDF の回答は見事はずしましたがその他のソフトに、いいソフトがありました。  

スケッチアップのk-toolsを使った作品が見事です。

k-toolsを利用した、Scrapさんの作品です。
解説はCAD_Dwg+αさん

slope.jpg

OhYeahCAD Store



SU Podium 1.6 release, SU Animate 2.0 released. IFC2SKP V 0.84 update 他にも、プラグインなどが、ダウンロードできます。

Sketchup DEM Import Tutorial

等高線 関連です スケッチアップ 等高線

スケッチアップとGIS

建築資料館のスケッチアップの質問はこの、プラグイン(SketchUp ArcGIS)で出来そうに思うのですが難しいそうだな~

スケッチアップ プラグイン 一覧

ブログ中の、プラグイン一覧を、記載しました。

とりあえず、一番下にあります。

スケッチアップで螺旋階段を

螺旋階段 プラグイン

HinoADO Tools さんのブログに

ダイナミックコンポーネント

新バージョンの特徴らしい  但し Pro 限定 使用みたい

Dynamic Components Introduction

コンポーネントは、今後フリー版とプロ版では、決定的な差でしょうね。

 

hel_ramp.rb

先ほどのリンク先の上にありましたが、解説ムービーを見ると、使えそうな
プラグインでした。

k_tools_20.rb

関数で、複雑な図形が作成できる。

 

十二面体 書き方 sketchup で、来訪

3DShapesTool.zip

この、プラグインで、どうでしょうか

 

 

 と、なります。

プラグイン「Bezierspline」を使った作品です。

コウムテン日記  さんのブログにプラグイン「Bezierspline」を使った作品です。

 

サイクルショップ ヒラガの覚書

プラグイン「volume」の覚書

windows_kai.lzh

秋天越さん すばらしいプラグインを公開

各種窓生成
  ※本家windows.rbを使えるように改変
 windows_kai.lzh
  08/11/14更新


sketchup+etc さん作成の解説です。


 

 

 

スケッチアップをどう思っているのか

フリーが、出てから、使う人が多くはなったが 最近はどうなんでしょ
確かに、ネットでは多いようですが 現実は みんなの周りで、使ってる人 いますか?
私の周り(前のお客さん) ほとんど いないです ホント
やはり、時間的に余裕があり、なんらかの3Dソフト経験がないと、難しいのではと思っています。
いずれは、必要になる3DCADですから、スケッチアップは、フリーなので、基本をマスターするには
いいですが.・・・・・・

本当に、覚えたいなら 基本のみで、最初から描くことが、一番だと
プラグインや、レンダラーは、基本をマスターしてから だと

最低 解説本は、1冊は手元に

それ以上は、いらないです 無駄です。

CGは、本読んで簡単に出来るものでは、ないです

時間を、かけて自分で、覚えるしかないのです。

本を薦めるのは、辞書代わりの意味です。

 


LTplus    freeのSketchUpからdx変換する、プラグインです。

  LTplus関連ページ

スケッチアップをdxf保存

スケッチアップから、dxf、stl変換のソフト フリーです

 

GML Texturizer

最近、写真合成の仕事があっのでGML Texturizerと、思ったが

急いでいたので、画像変形で、間に合わせました。

これ、紹介してなかったのを今、気がつきました。

Wall selection

ブログ内の検索で

スケッチアッププラグインで、検索した結果です

drop.rb

知らない事は、いくらでもあるんですね。
面を選択し、右クリックで、その高さが、表示されているとは(^^ゞ
数字は、見ていましたが、気に止めてませんでした。
 しかし、標準なのか、プラグインなのか
0300.jpg
 

drop.rbでした。

Energy Design Plugin for Google SketchUp

よく、解りませんが

rib関連のリンクです。

rib関連のリンクです。
http://rasmusbroennum.wordpress.com/2007/11/24/sketchitup-turn-it-to-eleeeven/
Growのサンプルデーターあり
 他にも、ありそうです。

GrowHelicalSteps.jpg


ribに、関心のある方に

Door-Lintel

内部のドア部分の仕上げです


プラグインDoor Makerを、使いました
0314.jpg

あたらしい、プラグイン Door-Lintelを、使います。
0315.jpg

完成です。
0316.jpg

Door Makerを

内部のドア部分の仕上げです


プラグインDoor Makerを、使いました
0314.jpg

あたらしい、プラグイン Door-Lintelを、使います。
0315.jpg

完成です。
0316.jpg

shortcuts.rb

よく、使うプラグインは、ショートカットに、登録すると便利です。
*shortcuts.rb は、ショートカットの登録を見る、プラグインです。
ショートカットの登録には、必要なプラグインでは、ありません

0262.jpg



shortcuts.rb [ List Shortcuts]

内部のドア部分の仕上げです

内部のドア部分の仕上げです


プラグインのDoor Makerを、使いました
0314.jpg

あたらしい、プラグイン Door-Lintelを、使います。
0315.jpg

完成です。
0316.jpg

Protrude

こんな、モデリングが、ワンクリックで
使用前


使用後
0350.jpg

 その他に、数値調整で、いろんなモデリングが、出来ます。

protrude.zip

六角ボルトに、挑戦しました。

CAD_Dwg+αさんの六角ボルトを見て作成しました。
これぐらいは、作れるよ と公開しないと(笑) 
スケッチアップのサイトやブログをしている方なら、作れないことは、ないですね
建築関係では、必要ないと(データーがある)、思いますが、モデリングの基礎みたい
なものですから、作れないと、まずスケッチアップで、3Dは、出来ないと思います。

詳しくは、解説はしませんが、CAD_Dwg+αさんを参考にすれば、出来ると思います。
交差は、絶対必要です。
私の場合はフォローミーツールは、使っていません
プラグインを使いました。
0346.jpg


0345.jpg

0344.jpg
続きを読む

Rotate 90°

Rotate 90°
立面図をグループ化します。
0332.jpg

右クリックで、Rotate 90°Around redを、選択
0333.jpg

90°になります。
0334.jpg

青軸で、90°に回転しますので、利用できると、思います。



その他に
3DShapesTool.zip

arcs.rb

3点で、円弧作成します。
arcs.rb

3dw_search.rb

3D Warehouse から、すばやくモデルを見つけることが
3dw_search.rb


Peopleで、検索しました。
50328.jpg

HeightTool.rb

HeightTool.rb
端点の高さを、オンマウスで、表示 クリックすると、書き込みます
以外と、使えるかもです。
ショートカットの登録を
0325.jpg

オンマウスの表示は、キャプチャー出来ませんでした。

MOVERで

階段の1番上が、6400mmなので、GLより3300mmにするために
0318.jpg

movrで 3100mm (6400-3300=3100)下げます。
0319.jpg

下げた、様子です
0320.jpg


尚、階段の作成はHinoADO Onlinさんのプラグインを使用しました。

mover

mover


グループ化したら、moverで、移動、コピー03170514.jpg

平面データーを、床レベルに合わせたり、移動したり
用途は、かなりあると思います。

プラグインのインストール時の注意点

今日、プラグインのインストールを、何個かインストールしましたが、右クリックの表示が
出なくなりました、どれが影響しているか解りませんでした。
前に、コピーしてた、フォルダーに入れ替えると、直りました。

Zorro.rbが、公開されてました。

projection_v6

projection_v6
おもしろいです。

holes.rb

holes.rb
ana.jpg

開口部を選択し(複数可)、くりぬきます。
ショートカットに、登録すると、便利です
ana2.jpg

プラグインに興味を持つのは、いいのですが・・・・

JWWも、初めての場合は、外部変形や、線記号変形を使いこなせないと思う
スケッチアップも、便利なプラグインは、多くありますが
初期の段階では、導入すべきではないと、思います
プラグインは、修練により、必要なものが、自然と解りますので、それまでは
素の状態で十分に、作図出来ますので、基本のモデリングを身に付けることです。

中には、JWWのDXFを make facesからと・・・解説していますが
make facesは、プラグインですので、これが必ずしも、必要ではありません
この方法が、出始めの頃、話題なり、飛びついた人も多いと、思います。
基本を、マスターしてからのmake facesは、いいのですが、最初から
make facesを利用しないで、作図する方が、いいです。

スケッチアップのモデリング方法は、人それぞれに方法は違う!

スケッチアップを、いかにして実践に出来るようになるかを
ようやく、納品レベルまでに、モデリング出来る様になりましたので、
自己流では、ありますが体験を書いていきたいと、思います。

まず、あなたなら、1000*1000*1000 の立方体は、どのようにして、描きますか?
①スケッチアップで、寸法を入力して、プッシュプル
②jw_cadで、1000*11000を、DXFで、読み込みメークフェイスで面にしてから
③2,5Dから,スケッチアップへ
④外部変形から,2,5Dにして、スケッチアップへ

この他に、スケッチアップのプラグインの利用で、簡単な方法があります。

Beziersplineを使用し

スケッチアップの先日紹介した、プラグインBeziersplineを使用し、フォローミーツールで
作画しました。
0423.jpg

簡単な、曲面だと難しいくはないですね。

SketchUp Ruby scripts

Jan Sandström
DOWNLOADS
以下のSketchUp Ruby scriptsが、あります

JS Zoom Selected
JS MoveTool
JS Extrude
JS Align
JS Shadow Threshold
JS Shadow Control
JS Background Color

JS Focal Length
JS Frame Step
JS Camera Tool

JS Sketch01
JS Pen01

影の記事は、Shadow Controlを使いました。

Joint PushPull のダウンロード 修正版

http://groups.google.com/group/Ruby-API/browse_thread/thread/6ae80c5c688083fb
Posted by SketchUP_user さんのコメントが、ありましたので。
必要な方は、そちらより、ダウンロード下さい。
Joint PushPull について Posted by SketchUP_user
Joint PushPullのDL先ですが
Google検索(WWW全体)でJoint PushPullのキーワードで検索すると,Joint Push Pull - Ruby API | Google Groups-のページが3番目くらいに出てくる思います。その先のページにJoint PushPull.zipダウンロード(26k)がありますので,ダウンロードしてみてください。私も試してみましたが動作良好でした。(ver 6フリー版で確認) 
本来必要なrbファイルが2つ含まれていなかったのが原因と思われます。
ブログ利用初心者のため,使用方法のミスはご容赦ください。
逆襲のPushPullさん
に解説があります。 是非 ご覧下さい。

Rotated Rectangle Tool

任意角度で、長方形を書く。

Rotated Rectangle Tool
0328b.jpg


使用は、Pluginsにインストールするが、描画の方からの動作です。

3d_grid.rb

3Dのグリッド線のプラグインです。
3d_grid.rb0328.jpg

calc.rbは

calc.rb
0263.jpg

make facesについて

make facesとmakefaces11.rbの2種類ですが



makefaces11.rbで、いいと思います。
(直接ダウンロード出来るように、リンクしています。)


make facesの使用法の解説は、下記サイトで
Google SketchUpの使い方(音声付)

スケッチアップのプラグインは、どこから

スケッチアッププラグインはこちらのサイトで、入手出来ます。
Ruby Library Depot
0260.jpg

検索窓に、プラグイン名で検索すれば、簡単に探せます。
0261.jpg


make facesは、よく使用されている、ソフトです。

プラグインのサイトは、他にもありますので調べてみると、いいですよ。

Hoist edges

この、プラグインは、複数の選択した、エッジを任意の高さへ、移動します。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング