スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Google SketchUP for professional」に、関しての記事が

Surely You’re Joking, Mr.KUTAIさんに、コメントがありました。

KUTAIさんの意見は
「個人的な意見として、本書は4200円と高価なので、GSUのフォーラムやヘルプを見ても同じ情報は得られるでしょう。」 と、ありました。


■現場のJW+Web2.0■さんでも、本のコメントが

関連記事

コメント

こんばんは。
GSUについてはオンライン上で調べていった方がソフトの性格に合ってると思いますし、本を購入するメリットは持ち運べて、内容が体系化されている点でしょうか。
例えば本書のStyle Builderについても、ツールが出る前から3dcgさん(http://3dcg.jugem.jp/?eid=131)がいち早くマニュアル操作で編集する方法を公開されてますし、こちらの方がGSUっぽさが前面に出てるように感じます。
jugemさん SeaGateさん GSU★PARA さん の
ような、解説サイトを、見れば 最新情報が、ありますので・・・

マニュアルも日本語化になった、今では、GoogleSketchUpのHELPの解説等で、充分マスター出来るではと、思います。
今回の本は、見てないので、解りませんが。

本はどうしても、タイムラグが、ありますので、英語版の日本語
解説本が出た頃に、ソフトの方が日本語が、出てたりしますので

それに、3Dは、色々な作成手順がありますので、本に頼らず
自分で、いろんなサイトを見ながら、覚えていくのも、面白い
と思います。

私は、中国のDVD解説本が、面白いから、中国に出張している
友人に、買って来て貰おうかと、思っています。

私の使用している,CINEMA4Dは,解説本が,2冊あるだけですが、ある程度のことは、ソフトのマニュアルとネットで、覚えました。 その後、解説本を購入し、ずいぶん知らないことの多さに
驚きました。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。