スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Chrome、Windows XPのサポートを2015年4月まで延長

昔から「慌てる乞食は貰いが少ない」ことわざがありますから、貧乏くしを引かなければいいですね。

Google Chrome、Windows XPのサポートを2015年4月まで延長 - ITmedia ニュース


米Googleは10月16日、2014年4月でMicrosoftのサポートが終了するWindows XPについて、Webブラウザ「Google Chrome」は少なくとも2015年4月まで、XP向けにも通常のアップデートやセキュリティパッチの提供を続けると発表した。

 Googleのブログによると、XP向けChromeのサポート期間延長は、脆弱性が放置されたWebブラウザを使ってコンピュータにマルウェアを感染させる攻撃が横行している実態を踏まえた措置。マルウェアやフィッシングなどの攻撃を防ぐため、2015年4月まではXPにもこれまで通りChromeの最新版を自動的に配信し、脆弱性の修正などを行う。

 XPは、Chromeのユーザーを含めてまだ相当量のユーザーが使い続けており、多くの組織がXPからの移行に問題を抱えている可能性があるとGoogleは指摘。「われわれの目標は、この移行期間の間、XP向けChromeのユーザーをサポートすることにある」と説明している。

 なお、Chromeには旧バージョンのブラウザ対応のWebアプリを使っている組織を支援するための「Legacy Browser Support」という機能がある。これを使えばChromeと別のWebブラウザを自動的に切り替えることができ、Chromeをメインブラウザに設定したうえで、特定のWebアプリに限ってサポートが終了したレガシーブラウザに切り替えることができるという。



WINもいいけどワインもあるでよ!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。