スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleを離れてTrimble(トリンブル)へ 【翻訳】SketchUpの新しい拠点

Googleを離れてTrimble(トリンブル)へ

今後が楽しみですね。

Google SketchUp

Titleskt.jpg

SketchUp公式ブログ 日本語版

2012年4月27日金曜日


【翻訳】SketchUpの新しい拠点
Googleの一員でいる間にSketchUpは世界で最もポピュラーな3次元モデラーになりました。
実際に2011年で30,000,000本もの出荷がされています。
この結果をSketchUpの関係者は非常に誇りに思っていますが、まだまだやりたいことがあるのも事実です。
私たちの製品を手にした何千万人ものユーザーや開発関係者の方にもっとたくさんの利益をもたらすことこそ、使命だと考えています。

本日、Google所属のSketchUp関係者がGoogleを離れてTrimble(トリンブル)の一員になったというご報告をいたします。
今回のことで私たち関係者は、当初からSketchUpを使用していたモデラーや将来的にSketchUpを使うであろう人たちに対してもっと深く関わっていくことができると考えています。

デザイナーや建築士、また各種メーカーの担当者など、彼らはSketchUpに対していつも前向きに接してくれていました。
今後はトリンブルからの投資を受けて、機能などもより一層の進化を遂げるでしょう。
既存のユーザーの方々には、建築・建設業界またはエンジニアリングなどの世界において、トリンブルの経験や知識がSketchUpに加わることでより良くなることは明確だと思われます。

トリンブルの新しい仲間と共に、私たちは直感的で楽しいこのツールを発展させ続けるように努力します。
もしあなたが多様な(例えば木工製品などを作成する技術家庭の授業やジオモデル、映画など)SketchUp愛好家の一人でしたら、心配は無用です。
SketchUpは存在し続けます。 私たちの使命は誰もが使える3次元ツールを世の中に送り出すことです。
無料版のSketchUpはこの状況において最も重要な部分になります。なので今の段階ではこの考え方に変化はなく、変わりません。

Googleには感謝して止みません、私たちの想像以上の数のSketchUpユーザーが誕生しました。
またトリンブルにも感謝します。トリンブルはSketchUpの開発を続けさせてくれます。
強い追い風が私たちの背後から吹き、正面からはサンサンと太陽が降り注いでいます。
こんな環境下での航海を私たちは望むところです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。