スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SolidWorksが予想する2019年のCAD

翻訳ですが、とても興味深いです。
スケッチアップは、更に発展してゆくものだと思えますね。
2番目の動画は非常に面白いです

現在のCADを利用している方には、かなりの衝撃でしょう
CAD(コンピューター援用設計) SolidWorks

今後は、かなりのスキルの持ち主でないと、CADの仕事で生き残れないかも知れませんね。

スケッチアップの求人は、現在は少ない(ほとんど 無いように思いますが)、ここ数年の内は
多くなりそうな予感がします。
関連記事

コメント

Re: SolidWorksが予想する2019年のCAD
あと10年もすると、本当に2番目の動画の様になるんですかね~。3Dが、もっと求められていくのは確実でしょうが・・・。ちょっと恐ろしいです。ついていくのはかなり大変ですね。
Re: SolidWorksが予想する2019年のCAD
現状の認識では、ついていける日本人は、多くは期待できなと考えます。
もしかしたら、日本は、中国 インドはじめの新興国の海外CADオペレータ基地になっているという事になるかもです。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。