スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kerkythea をマテリアル 照明 を学ぶ   1

\Kerkythea Rendering System\MaterialEditor\Scenes\standard にある
standard.xmlで、マテリアルと照明の設定を変更しながら、実験したいと思います。

kt000000.jpg

同胞のテキストファイルの訳文は、以下です

この一次材エディタ場面はカメラの球の材料を包装します。 球は、より良いコントラストのために数奇の飛行機の上に座っています。
2つのライトが場面、鏡面ハイライトの想像で役に立つカメラの右の1、および逆照明との材料の相互作用の役に立つ球の後ろの1にあります。
この場面は、どんなアンチエイリアシングも含んでいませんが、基本的なボリューム照明テスト(内部のセットアップのための)を支持します。 また、逆の色の修正で場面はガンマ補正2.2があるセットアップです。
 意味は多少 難解ですが 触ってみれば少しは解るかと

1、まずはlightを1つにしてみて、レンダリングを (右クリックで削除を)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。