スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SketchUpで平面図は書けません」 えっ !

「SketchUpで平面図は書けません」 と思ってる方
ということは、ないです。
3DCADですので、当然2Dの図面も、詳細も描けます。
そう 思い込んでいるかも、知れませんが?

そもそも、スケッチアップは、設計者が3Dで設計し、2DCADでに渡し、図面仕上げをするのが
コンセプトで、開発されています。
今後、主流になるBIMも、スケッチアップのおかげで、発展していくでしょう。

スケッチアップをパースとして利用するには、レンダリングソフトを使うのが、多くなると思います。
画像ソフトとの併用もあるでしょうが、画像ソフトも相当に難しいです はっきり言って

過去に、プロのパース屋のフォトショップのファイルを見たのですが、ほとんど理解して無かったですね
レイヤーを見れば、能力がわかりますので、まぁ感性があるので、いい作品になりますが、
普通の人が、本や短期間の講習で、ものに成りっこないですよ あのソフトは

設計や工務店の方が、プレゼンにスケッチアップを使うなら、素の状態で、シーンやスタイル等で
変化するような、プレゼンのほうが、いいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。