スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケッチアップの歴史?

Google SketchUpを使いこなす


Googleが提供する3次元CADソフトで、グーグルスケッチアップといいます。 無料版のGoogle SketchUp 6と有料のGoogleSketchUpPro 6があります。 共に英語版です。日本語版はSketchUp 5.0Jです。 SketchUpは、当初、(米@LastSoftware社の製品で、2001年の11月に公開されたソフトです。 日本で、最初に紹介したのが「@nifty 建設ポータル C-PAS」です。(現在は消滅)06/03/14に Googleに買収され、06/04/27に無料の3次元CADソフトとして公開されました。当初は商用不可でしたが、現在では制限は解除されて現在に至っています。 本来、SketchUpは、「設計者が3D設計から従来の2Dへ」の考えで作られています、スケッチ の名称ですが、CADなのです。 やはり最大の利点は、設計者にが相手との意思伝達がリアルタイムに出来ることでは、ないかと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。