スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築パース 手書き ? CG?

平山建築事務所 CAD operating services 私のCAD観より

「 なぜ手書きではなく、CADやCGにするのか
CADを一度も触ったことがない人は、『 CADは手書きよりも早く書ける 』と思っている人が多いと思いませんか?
しかしどんなに熟練した人でも、手書きよりも早くなることはないでしょう。
ではCADやCGの利点とは何か?
『手書きよりもきれいに仕上がる。』
もちろんそれもあります。しかしそれだけの理由でCADやCGを使うのはもったいないですね。
CADで書いた図形は同時に面積も出ます。立体で作ったモデルは体積が出せます。
パソコンの中に書かれた壁や柱やドアは単なる線の集まりではなく、その部材としての意義を持ちます。
壁の厚さ、柱の大きさ、ドアの種類や単価などの情報を入れることができます。Excelと連動させれば積算できます。
本来コンピューターの世界に 2次元と 3次元の区別はありません、全てが3次元です。
立体で作ったモデルを水平に切れば平面図、垂直に切れば断面図ができます。

CAD、CGの発想は 『コンピューターで図面を書く 』 ではなく 『コンピューターの中に建物を作る。 』 なのです。
その発想に合った使い方をしなければ、データの価値は半減してしまうでしょう。」

 とあります 同感です



関連記事

コメント

面白いブログですね!
とても参考になりました!

また来ます。
Re: タイトルなし
> 面白いブログですね!
> とても参考になりました!
>
> また来ます。
遅れました 申し訳ありません
ありがとうございます
今後とも、よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。