スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Litecad 徹底活用 仕事に使える資料図面をJWCADで

Litecad 徹底活用 仕事に使える資料図面を、JWCADで


3d111.jpg
関連記事

コメント

こちらでは初めまして。いつも、便利なソフトや素材の紹介、ありがとうございます。以後、よろしくお願いします。

LiteCADでDXF出力した場合、レイアウトが消えてしまうようですが、いろいろ試して、LiteCAD上でレイアウト上の図形をモデル空間上に落とす事が出来るようになりました。NET上に、そのあたりの情報が無いようなので、コメントさせて頂きます(とりあえず、北京大学のz-2.dwgを例にとります)。

1.モデル側で、図面範囲を探す。
不明な場合は、レイアウト(この場合は、Layout1)
のタブを右クリックし、Activate Viewports を選択する。解除は、Hide Viewports。
View→Zoom Extentで、点しか表示されない場合は、図面範囲近辺が中心のZoom Extentsで見える程度の巨大な円を描いておくと、後々迷子になりにくくなります。以後、適当なタイミングでこれをやっておくといいと思います。

2.レイアウト側に移動する

ここで、縮尺を確認します。図面に記述されている数字を確認して下さい。
念のため、ビューポートのView Scale値の逆数になっている事も確認した方がいいです。
ビューポートのみが左側に表示されている状態で(まとめて選択後、左上のリストでViewportを選択)確認できます。

3.すべての図形を選択し、レイヤを一つにまとめる
選択した後、左側のGeneralのLayer欄を編集(PUB_TITLEあたりがいいと思います)。

4.カレントレイヤを2のレイヤに変更
Format→Layers...(or該当するアイコン)で、該当レイヤをダブルクリック

5.ビューポート上の目印になりそうな点に印をつける
(比較的に何も無いところにある交点を端点とする、長めの直線がいいです)

6.ビューポートの外郭を□でなぞる

7.ビューポート以外の全ての図形を選択し、Edit→Copy。 モデル側に移動して、Edit Paste。
ビューポートを外すには、選択後、Tools→Selection→Select by Filter...(or該当アイコン)し、ObjectTypeをViewport OperatorをSelectAll How to applyをExclude~にすると外せます。
Modifyのcopyでは、レイアウト間のコピーは出来ないようなので、クリップボードを介してコピーします。
ビューポートを含んだまま、レイアウト上の図形をモデル空間上にコピーし、保存しますと強制終了を起こすようですので、要注意です(コピーだけで強制終了する場合もあります)。
念のため、この辺りでLiteCADの形式で保存しておいた方がいいかもしれません。
あと、貼付け位置は、指定できないようです(ここで迷子になりやすいです)。

8.7の図形をブロック化。5の印をブロック基準点にする
ブロック化するのは、サイズ変更移動の方法が不明なためです(Modify→Extendで出来そうですが未実装です)。
Draw or Format →Create Block... でブロック化できます。基準点はPick Pointで指定できます。
スナップは、Tool→Drafting Settings...で設定できますが、このタイミングで入るとブロック化がキャンセルされてしまいますので、あらかじめ設定しておく必要があるようです。
なお、ブロックは大量に定義されていますので、他と区別しやすい名前にしておいた方が無難です。

9.8で作成したブロックを、2で調べた倍率に拡大して、5で定めた目印の位置に配置する
Draw→Insert Block... で、ブロックの配置ができます。該当ブロック名を選択し、Scale欄で(うまく動かないので)UniformScaleを解除し、x,y欄に、2で調べた倍率を入力します。

10.不要な図形を消す(ビューポート範囲外の図形や非表示レイヤの図形)
6で作った枠外の図形は不要なので、軽量化のため、選択してModify→Erase で削除します。Jw_cadのような、範囲外削除は無さそうなので、消すのが難しいものはJw_cadの方で消せばいいと思います。
非表示レイヤについては、4で使ったLayer Propaties Managerで表示できるのですが、どれが非表示だったかわからなくなりますので、あらかじめ、New Group Filter アイコンで、Group Filterを作成しておき、On欄でソートすれば非表示レイヤが抽出できますので、それをGroup Filterにドラッグすれば、元の非表示レイヤのみを登録できます。Group Filterを選択した状態で、Invertfilterをチェックしますと、filterが反転します。あと、On以右の項目は、クリックしただけで変わってしまうので、特に、複数選択時等、要注意です。


以上の様な感じです。
長文失礼致しました。LAは自HPを持っていないので、ここに書かせて頂きましたが、ご了承下さい。
始めまして
丁寧な、解説 ありがとうございます。
とりあえず、本日記事にて紹介しました。
時間が取れ次第に、画像入りで紹介したいと思います。
 今後とも、よろしくお願いします。
 

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。