スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既存ソフトの互換性を重視するならWindows 7

既存ソフトの互換性を重視するならWindows 7 - XP終息で迫られる選択、Win 8と7の使い勝手を実機で比較:ITpro Active 
JwcadはWindows 8で動いているようだが、それは動作している人の環境で使えているだけで作者は動作確認も明確に表示してないので例えJWCADが正常に使えても他のソフトやディバイスが正常に動作するかは解らないと思う。

市販ソフトの場合、明確に動作保障をしているソフトは購入するが不明なら購入しないと思う

どうも無けりゃ儲けもん程度の軽い気持ちでインストールすればいいですよ

駄目なら、Windows 7にすればいいのだから

スポンサーサイト

Chrome OSでWindowsアプリ実行が可能に~米Googleと米VMwareが提携

Chrome OSでWindowsアプリ実行が可能に~米Googleと米VMwareが提携 -INTERNET Watch

 米VMwareと米Googleは12日、WindowsアプリケーションをChrome OSで実行できるようにしたとVMware Partner Exchange 2014イベントで発表。VMwareの仮想デスクトップサービス(Desktop-as-a-Service)であるVMware Horizon DaaSを、Chromebookから利用可能になった。

 Chromebookに「VMware Horizon View」をインストールし、仮想的にWindowsアプリケーションをChromebookから利用できる仕組みで、VMwareのBlast HTML5テクノロジーが使用されている。

 発表と同時に提供開始されるVMware Horizon View 5.3は、オンプレミスサービスでのみ利用可能。将来的にはChrome Web Storeからインストールできるようにするという。これらのソリューションは、フルマネージド型のサブスクリプションDaaSサービスとして、クラウド、ハイブリッドで利用できるようになり、VMwareやvCloudサービスプロバイダーパートナー企業を介して提供される。

 顧客企業は、接続方法として、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)かリモートデスクトップサービス(RDS)から選択できることもVMwareの特徴だ。Googleもこれまでにリモートデスクトップクライアントを提供していたが、今回発表のソリューションにより、法人顧客が必要とする高度な管理やセキュリティー要件に対応可能になる。

 Googleは、Chrome OSをWindowsの代替OSとして宣伝することをもはや隠そうとしていない。公式ブログの発表文の中では「Windows XP終焉までのカウントダウンが続いているが、Chromebookを配備し、DaaS環境を利用すると、セキュリティの脆弱性、アプリケーションの互換性と移行予算などは、すべて過去のものになることが保証される」と説明。XPリプレース需要のタイミングを利用する意図を明確にしている。

 またGoogleは最近の米調査会社NPDの調査結果を挙げ、2013年米国で出荷されたノートパソコン売上の21%をChromebookが占めたとの数字も挙げている。



と、いうことはJWCADも動くということかな?
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。