スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お住まいの塗替えガイド-PDFにて無償提供!

お住まいの塗替えガイド-PDFにて無償提供!

お住まいの塗替えガイド-PDFにて無償提供!



スポンサーサイト

jwcadにdwgを読み込むには?

AR_CADにDWG読み込みを追加するには

TeighaRファイルコンバータは下記サイトより
TeighaRファイルコンバータ


AR_CADに組み込みは、下記を参考に
http://www.ar-cad.net/modules/p6/index.html

A2.DWGファイルの読み書きに対応させる手順は以下のとおりです。
 まず、Open Design Alliance. http://www.opendesign.com/ へアクセスします。
次に画面左の「Public Downloads」のリンクをクリックし、ダウンロードページへジャンプします。
画面の中程の「Teigha File Converter」の「>>More Info」をクリックします。
「Download」のWindows: Setup_TeighaFileConverter_3.4.1.msi ファイルをダウンロードします。 ※バージョンによってファイル名は異なります。
ダウンロードしたTeigha File Converterをインストールします。

インストール後に、AR_CAD(Ver 1.5.2以降)の動作環境設定の外部データ入出力設定の「DWG設定」で使用するDWGコンバートツールで 「Teigha File Converter」を選択して、ファイルの参照で「Teigha File Converter」をインストールされたフォルダの「TeighaFileConverter.exe」を選択します。

※Teigha File Converter Version 3.4.1の場合
OSが32bit 「C:\Program Files\ODA\Teigha File Converter 3.4.1\TeighaFileConverter.exe」
OSが64bit「C:\Program Files (x86)\ODA\Teigha File Converter 3.4.1\TeighaFileConverter.exe」

その後AR_CADを起動すると拡張子DWGが追加されます。


05-05.jpg

05-02.jpg

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。