スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIM は中国では建筑信息模型 と表記されます。

BIM - Building Information Modeling 中国語では建筑信息模型 で直訳のようです。

つまり、「建築情報モデリング」

 3次元グラフィックスにおいて、モデル(物体)の形状を作成すること。マッピングなどの前段階で、各頂点の座標の決定や、境界線・面を表現する方程式のパラメータの決定など、「物の形」を決めていく。モデリングの時点では表面の質感や特殊効果は施されない。これらを反映した3Dモデルの表現の作成は「レンダリング」である。モデリングされたデータは用途に応じて辺のみ表示する「ワイヤーフレームモデル」、面を表示する「サーフィスモデル」などの形で表現される。
スポンサーサイト

機械のための潜在的なBIMソリューション

建築だけでは、ありません
海外を見ると 石油ガスのプロジェクトなどにも

SketchUpとBIM

将来BIMソフトをいれるようになるのであれば、
今、SketchUpを覚えるのは時間の無駄と いう意見の方がいますけど

これは間違いで、SketchUpもBIMソフトなのです。
 ほんと 解ってるのかね~

だって、地球上のどこでも3D建築出来るというのに
SketchUp以外無いですし・・・・・
フリーのパースソフトを出すわけ無いじゃん ! Googleが

BIMの取り組みとしては、まずSketchUpをマスターする事が先決
プラグインもBIMのツールは出てるし
 普及したら、BIMソフトを覚えれば いいと思います。

SketchUpを使いこなせたら、BIMソフトは難しくないと思う

スケッチアップに透視図法の知識は必要ない!

スケッチアップに透視図法の知識は必要ないでしょう。
ソフトの方で、出来ますから 3Dはカメラの視点ですから

突っ込まれると嫌なので
2点透視 3点透視出来ます 打ち合わせ時に客前で手書きパースは書いてました 
フリーハンドのパースは好きでした。
建築士の製図もフリーハンドでした

アイソメも習いましたが 楕円定規はこの為か~ と思いました (笑)

JWWの 音声入力(音声認識)の質問で

検索していたら
スケッチアップの音声入力なら、ありました
他のソフト(AUTOCAD 等)にも対応してました。

http://www.speak4cad.com/

テスト動画 等があります。 体験版も
但し 日本語ではないような

スピーカをはずしていますので、未確認です

スケッチアップが覚えらない

やる気はあるが中々マスター出来ない
そうすね 20年 線や○引いても
スキルは、小学生ですから 無理 無理
絶対 無理で~す
悔しかったら、覚えて下さい
本とか、必要ないですので かえってないほうがいい 
所詮、素人に毛がはえた人が書く程度ですので

スケッチアップのサイトで十分 十分
2~3日あれば、簡単の住宅なら
プラグイン 入りませ~ん 最初は
出来たら、KTを これも外観なら、2~3日あればリアルパース

やれば、出来るよ~ん

で、これを持って営業へゴー
負けるなよ HMに 日本の住宅は貴方たちに懸かってんだから。

Jw_cad 情報交換室-その3 が止まってる

投稿が止まっています 最近
来年のバージョンアップまで 長期休暇か
フリーソフト駆込み寺のようになってるしなぁ

最近のCAD事情を教えて下さい。2

JWはFreeなので先方にJwwをインストールしてもらえばいいのでは
はぁ 真面?
客先がAutoなのに
どうすれば、こういう発想になるんだろうか?

BIMねぇ~

確かに、いいことだと思うのですが 
どうなんでしょうか? 実際のところ スケッチアップにしても、ネットや解説はそれなりに
多いのですが 実際にスケッチアップの作品は見ますが 住宅はあっても大型の建築作品は
少ないし ましてレンダリングしたのを見た事はないです。
東京は、スケッチアップをする人が多いようですが 地方では少ないように思います
現に、私の周りには解説本を買った人はいますが、スケッチアップを使っている人はいないです。

このような状況ですので、BIMの普及はまだまだのような気がします。

2本線で壁作成 か  壁ツールで作成

その意味とは
2本線で壁作成は、2DCADの考えで
壁ツールで作成は、3Dの考えなのです
つまり 3Dは最初から高さの情報を持った壁部品なのです
この違いを理解出来れば 覚えるのも楽かと 特に

建築とかCADとかBIMとか教育とか....
参考です。

やっとですね BIM

官庁営繕事業におけるBIM導入プロジェクトの開始について


米国では、スケッチアップとBIMの連携も出来ていて、中国でもスケッチアップも普及しているので
日本もスケッチアップを取り入れてるといいんですが?

SolidWorksが予想する2019年のCAD

翻訳ですが、とても興味深いです。
スケッチアップは、更に発展してゆくものだと思えますね。
2番目の動画は非常に面白いです

現在のCADを利用している方には、かなりの衝撃でしょう
CAD(コンピューター援用設計) SolidWorks

今後は、かなりのスキルの持ち主でないと、CADの仕事で生き残れないかも知れませんね。

スケッチアップの求人は、現在は少ない(ほとんど 無いように思いますが)、ここ数年の内は
多くなりそうな予感がします。

LiteCADが version 2.0.0.5aに

LiteCADがバージョンアップになりました。
3D対応のようです
しかし、DXF DWGが、なくなっていました。
LiteCADの発展を考えると、このほうがよいかと思います。


小学生でも使えるスケッチアップ

スケッチアップの基本操作自体は、以下のサイトの説明で
http://jyongman.fc2web.com/it/sketchupindex.html

SketchUp/スケッチアップで3D設計!  必見です。

SketchUp/スケッチアップで3D設計!

Kumaさんのブログ
Kerkytheaでの作品がお見事です
センスもいいです。
スケッチアップの製作過程も

SU Podium ユーザーエリアのテクスチャ

SU Podium ユーザーエリアにある、テクスチャはいいですよ
 お試しを

JWWのダウンロードに注意の記載?

そこまで促す必要はないと思うのですが
疑問なら掲示板で尋ねたりすればよいと思うのだが
ダウンロードが有料なら、当然調べるじゃない

市販ソフトなら当然ですが、フリーソフトですので

まぁ 記載するのに反対ではないですが・・・・

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。