スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイナミックコンポーネント

新バージョンの特徴らしい  但し Pro 限定 使用みたい

Dynamic Components Introduction

コンポーネントは、今後フリー版とプロ版では、決定的な差でしょうね。

 

スポンサーサイト

共に、体験版で

スケッチアップ 7とCINEMA 4Dの体験版で




フォーカスアウタ2

フォーカスアウタ2

●ピンボケ処理は写真・CGの演出に効果的
 CGや写真においてピンぼけによるボカシ(被写界深度)を取り入れることは、奥行き感の演出や見せたいものを強調するなど効果的です。

 3DCG、特にShadeではカメラパラメータの焦点を設定することでピンぼけを表現することはできますが、レンダリングに膨大な時間を費やします。プラグインやZ値マスクを利用できる環境であれば短時間でピンぼけ表現が出来ます。
 しかしながら、プラグインはその効果の高さから有料となり、プラグインが使えないユーザーは時間をかけてカメラ焦点を使う以外にピンぼけを利用することができません。
 写真においてはオートフォーカスを使うと便利なのですが、全体的にピントが合ってしまい面白みに欠ける場合があります。

 本ソフトはお手軽に効果的な演出となるピンぼけをフリーソフトで表現することを希望するユーザーのために開発しました。

シンプルモダンな家を建てる日記


hel_ramp.rb

先ほどのリンク先の上にありましたが、解説ムービーを見ると、使えそうな
プラグインでした。

k_tools_20.rb

関数で、複雑な図形が作成できる。

 

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
QRコード
QR
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。